• ホーム
  • クラミジアは検査キットとジスロマックで早期発見、治療

クラミジアは検査キットとジスロマックで早期発見、治療

病原体

クラミジアは、日本で感染者数が一番多い性病ですが、症状を感じにくいのが特徴で、気づかないままパートナーにうつしてしまうことがあります。
感染者との粘膜同士の接触、精液、膣分泌液を介して感染し、のどへも感染します。

男性の発症箇所は尿道で、うみが出たり、排尿痛、かゆみなどの不快感などの症状が出る場合もあります。
放置しておくと尿道炎から精巣上体炎、男性不妊の原因になることもあります。

女性は、子宮頸管へ感染して、腹腔内に侵入します。
おりもの、不正出血、性交痛、下腹部痛などが主な症状ですが、放っておくと子宮頸管炎、卵管炎を起こして、不妊症、流産などの原因になります。

のどのクラミジア感染では、喉頭炎を引き起こし、のどの腫れや痛み、慢性の扁桃腺炎になることもあります。

クラミジアは早期発見して治療しないと、不妊の原因にもなります。
治療にはジスロマックなどの抗生薬を使います。
ジスロマックは、血液中に高い濃度を維持する性質がある便利な薬です。

クラミジアの症状が明らかな場合には、なるべく早くパートナーと一緒に病院を受診しましょう。
忙しい人や、症状はないが心配という人には、自宅で検査できる検査キットの利用して早期発見することをおすすめします。

検査キットは、男性は尿、女性は膣分泌液を自分で採取するだけの簡単なものです。
感染の機会から2~3日後から検査でき、結果はWEBで確認できます。
匿名検査ができるので、プライバシーも守られます。
クラミジアの治療には早期発見が大切ですので、気になることがあれば、検査キットを利用しましょう。

感染していると診断されたら、ジスロマックなどの抗生剤を1日~1週間服用します。
再検査で陰性になれば治療が終了しますが、不完全治癒の可能性もあるため、3~4週間後に再々検査を受けます。